長く使えるプリンターの選び方

プリンターの選ぶ基準がわかる!

知っておきたいプリンターの種類と特徴

オフィス機器としてまだまだ必需品となっているプリンター。ビジネスでは日々大量の資料をプリントアウトすることになるため、いざプリンターが故障すると業務全体にも大きな支障が出てしまいます。

オフィスでプリンターを新しく買い替えるうえで重要なチェックポイントとなるのがコストパフォーマンスです。最近ではプリンターのバリエーションも多様化と細分化が進んでおり、かつてのように「プリンターは印刷さえできれば良い」という時代ではなくなっています。また、レーザープリンター、インクジェットプリンター、ドットプリンターなど、用途に合わせてプリンターの種類を使い分ける必要があり、大規模なオフィスでは複数のプリンターを導入し、同時に稼働させているところもあります。

オフィスでは毎日まとまった量の資料を印刷しますので、プリンターもできるかぎりコスパの良いものを選び、長期的なスパンで見て低コストで使いつづけられるものを見きわめる必要があります。

また、家庭でもプリンターは必需品です。一般家庭で手軽に使えるリーズナブルなものから、本格的な年賀状などが印刷できるプロ仕様のプリンターまで、バリエーションも幅広くなっていますので、ユーザーにとっての選択肢もますます広がっています。

このサイトでは、オフィス、一般家庭と用途別に細分化されているプリンターの種類と特徴について具体的にお伝えしていきますので、ぜひとも参考になさってください。

プリンターは機能とコスパで選ぼう!

インクジェットプリンター、レーザープリンター、ドットプリンターと、プリンターのバリエーションはさまざまです。一般家庭とオフィスでは選ぶべきプリンターの種類が異なりますので、買い替える際にはそれぞれの特徴とメリット、デメリットを比較検討したうえで選ぶ必要があります。

プリンターのコストパフォーマンスの測り方

プリンターのコストパフォーマンスは原則として、機能の充実度に左右されます。オフィスではコストパフォーマンスを極力最大化できるプリンターを選び、毎日の業務の中で活用することが肝要です。この記事では、プリンター選びで重要となるコストパフォーマンスの測り方について詳しく見ていきましょう。

プリンターの変化と未来

科学技術の進歩にともなって、プリンターの性能も格段に向上しています。プリンターの歴史と変遷について詳しく見ていくことで、現在のプリンターの変化のプロセスがわかり、今後の進化の方向性を予測することもできます。ここでは、印刷技術そのものの歴史を振り返りつつ、近未来のプリンターについて解説します。

TOPへ戻る